ベルリン(序)2010年02月21日 02:30

先週ですが、ベルリンに行ってきました。

その話題の前に少し昔のことを振り返らせてもらいますと、私が大学1年生だったときに、当時在住していた堺市による海外派遣事業の一員に選ばれて、実はドイツに来た事がありました。 その際のテーマはドイツにおける少数者の人権問題だったのですが、1週間と短い滞在期間の中、たとえばシンティ・ロマ(いわゆるジプシー)の人たちと会談をしたり、生活実態を調査したりしました。 また、アウシュビッツ強制収容所の見学もプログラムに組み込まれていて、世界の歴史や戦争の問題にも関心を持つきっかけとなりました。

さて、その際にベルリンにも立ち寄ったのですが、当時は東西ドイツが統一されたすぐ後だったので、まだ壁があちこちに残されていて、そこここに無造作に置いてあったハンマーで壁を叩いたことを思い出しました。 当時はソニーセンタービルのあたりから旧東側地区に足を踏み入れると、街並みががらりと変わり、あまりの暗い雰囲気に愕然としたものでした。 しかし、今回のベルリン訪問ではすでに壁の痕跡はどこにもなく(一部に博物館として残されているようです)、どこが旧東側だったか地図で確認しなければ分からないほどでした。 いまだに東西格差の問題は一部に根強く残っているそうですが、この20年のドイツの変化を感じた瞬間でした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://watanabe-seminar.asablo.jp/blog/2010/02/21/4896200/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。