ドイツ人は「せっかち」なのか?2009年11月01日 10:09

息子と街まで買い物に出かけたときの話しです。

量販店のようなお店で商品を数点購入することにして、それらをレジまで持って行きました。 合計金額は10オイロ45セントでしたので、とりあえず財布から20オイロ札を出してレジに置いて、それから45セントの小銭を探しました。 いまだになれないお金の勘定ですがなんとか50セントを探し出して、店員さんに手渡そうとしました。 すると、もうすでに彼はお釣りを用意していて、それを私に手渡しながら「ツー シュペート」と言い放たれてしまいました。 つまり、「おそすぎ~」といった感じでしょうか…(くやしい)。

しかし、うちの子ども達とは違って小心者の、いやいや大らかな私は、「オーケー」と言ってお釣りを受け取って帰りました。 おかげで財布の中に小銭がどんどんと増えてしまいます。

これまでもちょくちょくあったことなのですが(さすがにここまで言われたことはありませんでしたが…)、ドイツの人はせっかちな人が多いのでしょうか。 日本では、おそらくお客さんが小銭を探していれば、店員さんはしばらく待っていてくれたように思います。

この話を帰ってから妻にすると、「それ、私も良くあるよ」とのこと(まあ、遅すぎなどと言われたことはないそうですが…)。 そのための対策として、お札を先には出さず、まず小銭から出すようにしているとか。 なるほどと思わず感心してしまいました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://watanabe-seminar.asablo.jp/blog/2009/11/01/4667688/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。