麻疹(はしか)による休校措置2007年06月03日 12:52

関西学院大学においても麻疹に感染した学生が出てしまいました。 学生の皆さん、6月2日(土)から15日(金)まで全学休校措置がとられましたのでご注意ください。

詳細につき、関学大のホームページでご確認ください。 http://www.kwansei.ac.jp/NewsDetail?n_id=2281&n_type=1

なお、2週間という突然の休みで戸惑っている学生さんも多いのではないでしょうか。 ぜひ気持ちを切り替えて、かえって有意義だったと思えるような2週間にしてもらえればと思います。

たとえば勉強という意味では、これまでの授業の復習をするとか、普段読めいない本を読むとか、資格試験の勉強をしてみるとか…。 また、勉強以外でも、実家に帰って親孝行をするとか、(麻疹感染拡大等に注意しつつ)旅行に行くとか、何かやれることは必ずあると思います。

われわれ教員も、突然のことで何をしてよいやらと戸惑いつつも、しっかり気持ちを切り替えて、講義の準備や研究に没頭したいものです。

該当学生さんの早期治癒とともに、感染拡大の防止を願います。

休校2週目2007年06月12日 15:43

麻疹による全学休校期間も2週目に入りました。 学生さん方はいかがお過ごしでしょうか。

私も講義の準備や研究にと意気込んではみたものの、なかなか気合が乗らないところです。 先日も、仕事を早めに切り上げて、夕方、子どもをつれて芦屋浜に遊びに行ったところ、関学の学生さんに声を掛けられました。 サークルで遊びに来ていたらしく、やはり暇をもてあましている様子でしたね。

休校終了の15日(金)までまだ休みは3日間ありますので、なんとか充実したものにしたいところです。

前回書き忘れましたが、時間のある人は裁判所に傍聴に行くというのはいかがでしょうか。 アポイントがなくても誰でも傍聴可能です。 たとえば大阪地裁(淀屋橋より徒歩5分)ですと高裁が同じ建物にありますので、両法廷を併せると事件数も多いです。 正面玄関入口を入って左手の机の上に裁判の予定表が置かれています(平日の9時30分くらいを目処に向かうとちょうど良いでしょう)。 まずはこれを見て、興味のある事件の法廷番号をチェックし、その法廷にエレベーターで向かいます。 あとは各法廷入口の貼紙で事件を再確認して、中にある座席に着席をするだけです。

その際に、なるべく後ろの方に腰掛けるとか、審理中に出入りをしないとか、携帯電話を切っておくなど、関係者への配慮をお願いします。

学部説明会2007年06月14日 23:17

大学業務の一環で、啓明学院高等学校の学部(進学)説明会に行ってきました。 校内で会う生徒さんたちは、見ず知らずの人間に対しても礼儀正しく挨拶をしてくれました。 あいにくの空模様でしたが、なんとも爽快な気分となりました。

説明会では、法学部とはどのようなところかについて簡単なプリントを用意して概略をお話ししました。 持ち時間が30分間ということで、なかなか伝え切れないところがあって残念でしたが、生徒さん達は静かに、しかし熱意を持ってこちらの説明を聞いてくれました。

私自身、「なんとなく法学部」の方でしたので、大学卒業後の進路を考えるに当たって、いろいろな意味で後手後手に回ったという反省があります。 そこで、啓明の生徒さんに限らず、世の高校生・受験生の方々も、将来の進路をある程度見据えつつ、志望学部を考えてみて欲しいと思います。

ゼミ対抗討論会2007年06月25日 10:10

23日(土)に、ゼミ対抗討論会に審査員として参加してきました。 当初は、関学大渡辺ゼミも参加する予定だったのですが、麻疹による休校に代わる補講のため参加辞退となってしまいました。

当日は、関大を会場として、関大と同大の2ゼミによる対抗討論会となりました。 両ゼミともにしっかりとした準備がなされて、白熱した議論が飛び交いました。 そのあとは、学生さんに教員が混じっての懇親会も催され、他大学の様子を聞くことができました。

こういう大学の枠を超えた企画に参加できたことは、学生さんにとって非常に良い経験となったことでしょう。 次の機会があれば、当ゼミからもぜひ参加したいものです。